友達に勧めたくなる洋服お直し
2021年9月21日

オーダーシャツを作る店の固定費用と可変費用

オーダーシャツを製作する店における利益とは、売上から費用を除いた部分が該当します。このとき、除いた費用に関しては固定費用と可変費用という二つに分類することが可能になります。店に関する固定費用に該当する部分として、店舗を挙げるということができます。店舗に休日を設定してもまた営業時間を変更しても、店に関する維持費は固定されたままです。

つまり、営業日に関係なく商売をする上で必要不可欠となるコストのことを指すのです。それに対して可変費用に該当する箇所として、水道光熱費を例に挙げることが可能です。特に電気の料金に関しては、営業日と定休日では利用料金に差が生じることになります。営業日は商売上必要となるため電気の消費が必要となりますが、定休日では消した状態になります。

そのため、営業日と定休日においては電気の消費に違いが誕生するため料金が違ってきます。固定費用と可変費用はオーダーシャツを作る店でも発生し、後者に関しては様々な事情で変化していきます。他方で前者については、商売を続ける限り発生する定められた費用という扱いになります。それゆえ、オーダーシャツを製作する店舗においてコスト削減に取り組むときには両者を気にかける必要があります。

そして、両者においてコスト削減を実現することができるのはどこになるのかということを考えていきます。そのためにも、コスト全体を把握して色々と検討していくことが不可欠になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です