大清水と一ノ瀬区間のバスを利用して尾瀬を日帰りで

大清水は尾瀬沼への日帰りハイキングに便利な入山口で、途中にある一ノ瀬休憩所までバスで行くこともできます。

大清水から一ノ瀬休憩所までは、コースタイムで往復約2時間20分ですから、この区間のバス利用が可能になれば日帰りハイキングもより快適なものになるわけです。仮に、大清水から尾瀬沼を一周して戻る場合の所要時間は、往復で約7時間15分になります。この時間はコースマップに記載が行われているもので、途中での休憩時間が含まれていませんし、標準的な徒歩時間になるので、歩くスピードに応じて変わります。

バスを使って一ノ瀬まで行けば、この時間から約2時間20分がマイナスとなり、トータル的な歩行時間は約5時間になるわけです。尚、平成30年度の大清水と一ノ瀬区間のバスは、6月16日(土)から10月14日(日)の運行予定になっています。あくまでも予定であり、開通直後の積雪状況や路面整備などの安全性を踏まえ決定するものとなりますので、3月時点では未確定です。

しかしながら、これから雪解けが進み、道路の安全性および登山道の整備が完了することで、一ノ瀬までバスを使ってのアクセスが可能になる、尾瀬沼湖畔を散策する時などもゆっくりと巡ることができるメリットにも繋がって来ます。日帰りのハイキングでも時間的な余裕が生まれることで、高山植物の写真撮影にも時間を割くことができるようになる、山小屋の休憩所などで知り合った人々との交流もできるメリットもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *