京阪神から日帰り可能な白浜旅行

六頭ものジャイアントパンダが暮らす街として注目度が高くなってきた南紀白浜は、高速道路が開通したために京阪神からのアクセスが格段に良くなりました。

そのため、白浜旅行を日帰りで楽しむカップル、家族連れがとても多いのが特徴です。東京からも飛行機を使用すれば、一時間程度のフライトで白浜に到着できます。白浜旅行に出かける目的はパンダに会えるだけではなく、古くから温泉旅行の観光地としても有名であり、露天風呂など温泉施設の充実した宿がたくさんあり人気を集めています。

太平洋を眺めながら入ることができる露天風呂は、波が打ち寄せてくるような岩場に作られており、山間の温泉とは違ったスケールの大きさを感じることができるのではないでしょうか。夏場の白浜旅行といえば、白良浜での海水浴が一番人気です。青い海と真っ白な砂浜は、まるで海外のリゾートを思わせる美しさで旅行客を迎えてくれるのです。白良浜の砂は非常に細かくサラサラで、裸足で歩くととても気持ちがいいので、海に入らない方も靴を脱ぎ棄て砂浜の感触を楽しんで貰いたいです。

夏に一番の盛り上がりを見せるのは、7月下旬と8月上旬の二度行われる花火大会です。花火大会は白良浜で行われるので、昼間は海水浴を楽しみそのまま花火を楽しめるので、朝から夜までずっと白良浜にとどまっている観光客が大勢いるようです。ドラマの撮影などにもよく登場する三段壁や千畳敷、円月島の海岸線の非日常的な風景を楽しむのも素敵な体験だと思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *