身障者とツアー参加について

日頃から車椅子を使用している身障者などが、既存の観光ツアーに参加するのは、なかなか困難がともなうものです。

まずは観光バスなどの乗り物には、車椅子での乗車を想定した設備はないことがほとんどですし、現地でも急な坂道や階段などがあって、移動が制限されてしまうことがあります。もしもお金があるのであれば、いわゆるパッケージツアーではなく、旅行会社を通じて完全にオーダーメイドのツアーを組んでもらい、現地の移動は介護タクシーのようなところに依頼をするという手段もありますが、かなりの手間がかかることは避けられません。

こうした場合、大手の旅行会社などでは、身障者、要介護者専用に相談ができるデスク、あるいはコンシェルジュを置いていることも多くなっていますので、あきらめずに相談をしてみるとよいでしょう。最近では身障者向けのパッケージツアーのようなものもあらわれており、こうしたものへの参加であれば、移動の面でも、費用の面でも、かなりメリットが大きいといえるでしょう。

身障者向けツアーの場合には、あらかじめ添乗スタッフなどが現地を確認して、観光のための目的地やルートの選択、乗り物や食事の手配などといったことを行っています。他の参加者も基本的には身障者ですので、なかまづくりという点からも、満足度が高い経験ができることが期待されます。ただし、すべての旅行会社で取り扱っているわけではありませんので、まずは取り扱いをしているかどうかの確認が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *