微笑みの国ツアーの魅力

微笑みの国として知られるタイはツアー客を楽しませる観光スポットがたくさんあります。

スコータイ遺跡公園は対応国発祥の地で、当時の繁栄した様子を知ることができます。およそ70平方キロメートルの敷地内にたくさんの遺跡があります。またタイの人々の多くが仏教徒なので、寺院巡りをするツアーもあります。外国人観光客だけでなく現地の人の生活が分かるため、仏教という宗教の理解が深まります。ウィマンメーク宮殿はラマ5世が住んでいた宮殿で、雲の上という意味です。タイの伝統的な建築方法と西洋の建築方法が混ざっており、美しさでは世界中の宮殿に引けをとりません。

タイは王室国家であることを改めて感じさせるスポットです。ツアー中は食事も美味しくないと楽しくありませんが、タイ料理は日本人もよく知っている味です。スパイスとハーブを効かせて、辛味と酸味、甘味が複雑に絡み合っています。人気のトムヤムクンはレストランで注文できますが、パッタイという米の麺を使った焼きそばは屋台で食べられます。

他にもパイナップルを器にしたカオオップサッパロというピラフなど日本では食べたことのない味に挑戦してみると良いです。タイでは左手のフォークで集めて右手のスプーンですくうのが料理のマナーです。一口で食べられないものはかぶりつかずにスプーンで切ります。日本ではお椀に口を付けて汁を飲みますが、タイではマナー違反なのでスプーンやレンゲを使います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *