日本の国は育児に向かない、若い母親が冷遇されている等といった意見が毎日各メディアで語られています。

勿論若い母親が育児で大変な思いをする時代になって来ている感はあるかもしれません。しかし諸外国の人々から見れば日本の国程、母子への福祉サービスが充実している国は無いと言われていて、実際にどの地域にも便利な児童福祉施設が設置されています。

郊外の地域にも自治体が子育て世帯の支援のため、児童福祉施設の建設を全面的に支援し始めています。日本の問題点として指摘されるのは情報が上手く若い母親まで伝わっていない事です。本来であれば育児や障害児の教育に頭を抱える若い母親に、適切な情報を届けるべき自治体やマスメディアが児童福祉施設の建設や運営に関する情報提供を、ここ最近は怠っているのが実情です。

そのため地元に便利な児童福祉施設が実際は建設されているにも関わらず、市民がその存在をなかなか知らなかったり利用出来るにも関わらず自分たちは福祉のサービス対象外だと勘違いする事例が相次いでいます。児童福祉施設は都心部だけではなく郊外の地域にも建設されており、以前はなかった地域でも平成の時代に入り新しく設置されている事も多いです。

育児や障害で悩んでいる方は積極的に情報を自分から集めましょう。地元の市役所に相談したり、ネット検索で施設の連絡先を調べる等、母親が主体となって自治体が提供するお得な福祉サービスを知り、どんどん意識的に活用する事が大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *