自分が所有している土地に児童福祉施設を建設するメリットはいくつかあります。

まず普通にアパートやマンションを建てても全ての部屋が埋まるとは限りません。中には空室になってしまう部屋も出てきます。こうした空室リスクが児童福祉施設にはない為、建設して運営事業者に貸せば長期にわたって安定収入を見込む事が出来ます。

その一方で児童福祉施設を建てたが利用者がいなかったらどうするという疑問を持つ人もいるかもしれませんが、そもそも需給バランスが取れていない場所であれば新規建設は認められないのでその心配はありません。申請を出して許可が出た段階でその場所には利用する人がいるという事が証明された事にもなります。

貸す運営事業者も経営の安定性や健全性が高いところがほとんどなので、突然倒産をしたり閉鎖をするといった心配が少ないというのも魅力の一つです。また福祉施設は駅の近くにある必要もないので、有効に土地利用する事が出来るというのも大きなメリットです。むしろ住宅地や繁華街から離れていた場所にあった方が児童福祉施設は好まれる場合が多いので、有効に土地利用する事が出来ます。

他にも、自治体によっては補助金が出るところがあるというのもメリットの一つです。審査や規制などありますが、これらをクリアすれば社会福祉に貢献する施設という事で建設する時に補助金を受ける事が出来ます。そうすれば建設コストを下げる事が出来るのでアパートやマンションを建てるより安い値段で建物を建てる事が可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *