日本は世界においてもトップクラスの長寿国として知られています。

それと同時に少子化が進み出生率が年々低下している現状があります。日本国民の人口における高齢者人口の比率は増加傾向を続けています。核家族化により高齢者の単独世帯や夫婦のみ世帯も増えている現状の中で、介護が必要になった高齢者は一昔前のように家族や親戚でサポートできる社会ではもはや無くなっているのです。介護が必要になった高齢者を社会全体として支えていくシステムを構築するために、平成12年4月に介護保険法は施行されました。

この法律の制定により民間企業の新規参入が認められ、介護付き有料老人ホームなどの建築や運営に乗り出す株式会社などの企業が数多く名乗りを上げたのです。特に不動産業や建築業などの企業は、自社のノウハウを活かして老人ホームをはじめとする様々な福祉施設の建築を行うケースが増えました。高齢者に選ばれる老人ホームになる為には、快適な生活が営める質の高い環境作りと、どれだけ心身が不自由になったとしても安心して生活を続けられる質の高いサービスの提供が欠かせないのです。

介護保険法の施行により高齢者自身が自分で利用するサービスを選択できる様になりました。それによって、介護事業所を運営する立場の人々は、選ばれる事業所としての特徴や魅力が必要になったのです。選ばれる老人ホームになる為の設計や建築を行う為には、閉鎖的で暗いイメージのない明るい衛生的な環境を作る事が大前提です。

さらには高級老人ホームなどであれば、ラグジュアリー感を醸し出すグレードの高い設備や環境作りも欠かせないのです。何よりも介護を受ける人々のプライバシーが尊重されており、車いすやベットの上などでもリラックスして介護が受けられるスペースが確保されていること、生活に楽しみが持てる娯楽施設や環境が整っていることも一つのポイントになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *