公的な介護保険制度では役所における許認可を受けなければ開業をすることが出来ません。

介護福祉施設も同様で建設をする前から準備を少しずつ進めていくことが必要です。

このとき開業しようとする場所の確保も大切ですがその場所で開業をしてもよいかどうかの判断を行政に求める必要がありますので事前に相談を要します。

このとき地域密着型サービスの場合は窓口となる市町村側でそもそもその年に許可自体をしないケースがあるため注意が必要です。

地域密着型サービスの中でもグループホームは飽和状態になっている地域が少なくなく、かねてより問題視されていた経緯があります。

そのため制度改正の中で必要かどうかを市町村で判断が出来るように制度変更がなされ今日に至っています。

こうした場合には介護福祉施設の建設許可は出されないこととなります。ただし需要が相応にある特別養護老人ホームの30床以下の地域密着型特養は、特養そのものに需要が多くあるため認められる場合があり得ます。

そのためこの介護福祉施設の建設をしたい場合には、その地域の行政機関に相談を行うことが必要不可欠です。

制度発足から頻繁に法改正などにより変わっていく中で求められている介護事業所の建築や開業は、事前のリサーチが欠かせません。

地域に競合するような他事業所の存在も確認が必要です。ただ今後も需要が高いとみられるサービスは行政の認可がなされやすい傾向があるとされており、特養などがその代表例となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *