いわゆる介護福祉施設には種類がありその建設に関する要件もそれぞれ違います。

たとえば入所または利用する要介護者ごとで必要な床面積が異なっていたりあるいはユニット型いわゆる個室にしなければならないなどの細かなルールです。

また介護福祉施設であっても建設そのもののルールは遵守します。このルールを守らないと建築許可の関係で不可と指摘されかねません。

このように介護に関するものと建築に関するものと双方をよく理解の上で話を進める必要があります。

それぞれの所管をしている部署にて事前の説明を怠らないなどの対応が必要です。また役所側では各部署がそれぞれ基準を満たしているかどうかのチェックはします。

ただし他の法令等の関係については確認は口頭レベルであってそれほど関わりません。

介護福祉施設関係は介護保険担当課が行い建設に関することは建築課などが行うためでそれぞれの部署にて説明を行っていきます。

図面などのチェックもそれぞれ見る部分が違いますのでそれぞれの部署にて説明を行っていくわけですが、すりあわせが必要な場合があります。役所側に対してすりあわせなどの問題についてどうすればよいか確認が必要なケースもあります。場合によっては役所側にて意見を合わせるように依頼をする場合もまれにあります。

一番よくないのはいずれかの部署にしか話をしていないことで、もう一つの関係部署側で認可出来ない等の問題が生じることでこの場合には開業出来ない恐れが生じます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *