認知症高齢者グループホームは、介護保険の一つである認知症対応型共同生活介護が行われているホームで、認知症と診断された人が介護職員などの援助を受けながら、共同生活を送るために建設されている介護福祉施設です。

専門のスタッフによる日常の世話と介護と機能訓練を受けることで、認知症の緩和を図っています。

定員は5~9人と決められていて、家庭の団欒を楽しみながら自宅で過ごすのと同じような雰囲気での生活を送ることができる、介護福祉施設になっています。

さらに入居者の能力に応じてそれぞれが料理や掃除などの役割を分担しながら、自立した生活を送るのもほかの介護福祉施設と異なる点になっています。

認知症の進行を抑えたり、治癒効果がみられるのはグループホームで他者とのコミュニケーションを持つこと、さらに個人の時間や空間を持つことができるためと、いわれています。

入居者同士が関係しあいながら個室も与えられているため個人の時間や空間ももてるという点が、グループホームのポイントになっています。

入居の対象となるのは、原則として65歳以上で要支援2または要介護1以上の、要介護認定を受けている人です。

またグループホームは地域密着型サービスの一つとなるため、施設が建設されている市区町村内に住民票がある人が、入居の対象になります。

認知症についての知識を持った介護スタッフが常駐していて、入居している認知症高齢者の精神的な安定や自立支援を目的とした、介護サービスが行われています。日本の各地で建設される数が多くなってきています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *