高齢者の介護福祉施設には、さまざまな制約があります。

介護福祉施設入所は、それまでの日常生活から切り離されるという隔離状態となり、
集団を中心としたペースでの生活が余儀なくされ、
個人の興味や関心に基づく気ままな生活を送りにくい状態となってしまいます。

このような施設介護の問題に対する答えの一つとして、既存に建設されている施設に手を加えることや、
新規に特別養護老人ホームを建設するにあたって、構造をより非施設的な住まいに近いケアができるための工夫を試みている施設が、建設されてきています。

その一つが、ユニットケアです。

ユニットケアの特徴として、基本的には施設をいくつかのグループに分けて小規模化する形態というのが、
最もシンプルな定義といえます。

その背景には、まずは特別養護老人ホームなどの生活を少しでもお年寄りに暮らしやすい生活にしようとする考えから始まっているところに、特徴があります。

できるだけ介護福祉施設の中で生活単位を小さくして、普通に暮らすようにすることがポイントとして挙げられています。

構造的な特徴には、食事をするなどの空間が少ない居住者が利用できる程度のものとして、備わっていることなどがあります。この空間で生活を共にする入居者は多くても20名程度の、できればもっと少ない人数の人間です。

そこには顔なじみとなるような関係になる可能性がある、集団が想定されています。ユニットケアの特徴としては、入所者の能力に応じた日常生活ができるようにし、一日でも早く家庭での生活に戻ることができるように支援することを、目的としている点が挙げられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *