介護福祉施設とは、高齢者や要介護者を対象とした施設のことを言い、一般的に老人ホームと呼ばれておりその種類はさまざまです。

認知症の有無や要介護度よって入居できる施設も異なるのが特徴です。

介護福祉施設には、
民間運営の有料老人ホームとサービス付き高齢者向け住宅、デイサービスがあります。公的施設には、介護保険が適用できる介護保険施設とケアハウス、養護老人ホームがあります。

有料老人ホームの中にも、介護付きや住宅型、健康型とがあり、介護保険施設にも特別養護老人ホームと介護老人保険施設、介護療養型医療施設が存在します。

介護福祉施設の中のひとつの有料老人ホームを建設するには、設置の主体が株式会社でも可能で、社会的信用度のある法人格を有する民間事業者や地方公共団体をはじめ、社会福祉法人や財団法人、医療法人などが主体となることが可能です。

有料老人ホームを建設できる場所は、高齢者が長期間暮らせることに考慮し、健康で安全な生活を維持できる環境が大切です。

住宅地から遠く離れた不便なエリアでないことや、借地や借家などの場合には、長期間の安定した契約を交わしていることが要件とされています。

有料老人ホームの建設には、車椅子同士がすれ違うことができるスペースであれば廊下は1、4メートル以上、居室も基本的に個室として、ひとり当たりの床面積が13平方メートル以上必要となります。設備としては、トイレや浴室、洗面設備のほか、食堂や談話室、機能訓練質などが必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *