介護保険法に定める介護サービスにはさまざまな種類が設けられています。

こうしたメニューは要介護認定における度合いや本人の心身の状態、本人の希望などを総合的に勘案した上で選択されることになります。

介護サービスのなかには自宅にヘルパーを派遣してもらって身体介護や家事などの援助を受ける居宅介護支援のほかにも、いわゆる介護福祉施設のなかで行われる通所介護または入所介護の系統にあたるサービスも存在しています。

介護福祉施設への入所によって常時の介護が見守りが行われる環境までは必要がないという場合には、送迎バスなどに乗って自宅から介護福祉施設を訪れ、施設内で食事や入浴、機能訓練をはじめとしたサービスを受ける通所介護が利用できます。

入所による介護と比較すると、住み慣れた自宅を離れる必要がないことから、これまでの日常生活の延長上でのサポートとなるだけに優れた面があります。

通所系のサービスのために介護福祉施設を建設する場合、当然ですがバリアフリーに配慮された設計にすることが必要です。

トイレを車椅子が単独で利用可能なサイズにしたり、廊下や室内に手すりを取り付けて歩行を容易にしたり、建物内の段差を解消することなどが挙げられます。また食堂や機能訓練室、相談室など設備基準として決まっているスペースがいくつもありますので、建設する際にはかならず基準を満たすかどうかを確認することが重要です。

ほかにも建設にあたって自治体などからの補助金が下りることがありますので、その要件についても精査が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *