現在の日本は、都会を中心に介護福祉施設がたくさんありますが、これを建設するときにはいくつかのポイントがあります。

まずは、バリアフリーにすることが重要になります。
バリアフリーとは、壁に手すりをつけることや床の段差をなくすこと、そして扉を引き戸にすることなども重要です。これらを建設の前に考えておくことで、介護福祉施設で事故を起こす可能性が大きく減少するでしょう。

次に、日当たりが良い場所に介護福祉施設を建設することが重要になります。

老人の中には外に出ることができない人もいるため、部屋の中が暗いと気分まで暗くなって行ってしまいます。

もちろん、電気の明かりがあれば真っ暗になることはありませんが、人間はもともと自然の中で生まれ自然の中で育ってきましたので太陽光は非常に重要なものです。南向きでしかも南側に、少し庭などを作り隣の建物とは離れた場所に建築する必要が出てくるでしょう。最後に、自動車を止めやすくすることが必要です。

自動車は、介護福祉施設の自動車が頻繁に出入りする可能性がありますので、駐車場がある程度大きくなければ自動車の出入りができません。介護福祉施設では、老人の乗り降りがありますが、老人の乗り降りの中には車いすを利用する人もいますので、時間がかかってしまいます。それらを考慮して施設を考えましょう。施設の大きさにもよりますが、入居人数の半分ぐらいの自動車おくことができる駐車場を確保しておけばよいでしょう。

結果的に、近隣とのトラブルを避けることができ、交通事故やトラブルを起こしにくくします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *